九品仏駅徒歩1分 腰痛 肩こりでお困りの方へ!

ぎっくり腰・腰痛

ぎっくり腰

ぎっくり腰は荷物を上げ下げした時や体位を変換した時など腰に負担がかかった時に発症することが多いようです。
その他には長時間前かがみの姿勢をとり続けた時、咳、くしゃみなどでも起こります。
朝起きるときに痛みで起き上がれないなど特定の誘因が無い場合もあります。
原因の多くは筋・筋膜の炎症、椎間関節の捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなどです。

ただ、急な腰の痛みは必ずしもぎっくり腰だけとは限りません。
解離性大動脈瘤、尿管結石、圧迫骨折など重大なものもあります。
どんな姿勢をとっても楽にならなかったり発熱を伴ったり冷汗が出るくらい痛む場合は
注意が必要です。

前かがみで腰を伸ばせないぎっくり腰

前かがみなので身体をまっすぐに伸ばせば治ると思い、痛いのを我慢して伸ばそうとしたり
ご自身で身体を伸ばすストレッチをしてみたりストレッチを受けて悪化して来院される方もいらっしゃいます。
この時点で、無理に身体を伸ばすのはお勧めできません。筋肉が硬くなって伸ばせないから腰を曲げているからです。
普段あまりしゃがんだり立ったりしないのに引っ越しや部屋の掃除などで頻繁に立ったり座ったりを繰り返したり長時間のデスクワークの後、立ち上がった時にしばらく腰を伸ばすことが出来なかった経験はありませんか?
大腰筋を急に使ったり収縮している時間が長かったりすると伸びにくくなります。
大腰筋に刺鍼したり手技で緩めると硬く縮んでいた大腰筋がゆるみ腰を伸ばしやすくなります。
しばらくの間前かがみで生活していると腰の後面の筋肉も硬くなってきますのでそこにも刺鍼します。

坐骨神経痛


坐骨神経痛とは、坐骨神経の走行上の障害により腰部、臀部の痛みと下肢の坐骨神経の走行(大腿後面、腓腹部、足部)に沿う放散痛を訴える痛みです。坐骨神経の障害はほとんどが神経の圧迫によるものであり圧迫は脊柱管、椎間孔、骨盤内、梨状筋下孔部などでよく起こります。
椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症・肥厚症、脊椎分離、すべり症などによる脊柱管における馬尾神経の圧迫や椎間孔における神経根の圧迫、骨盤内の腫瘍、妊娠時の子宮、便秘時の糞塊などによる仙骨神経叢の圧迫梨状筋下孔部における梨状筋の痙縮による圧迫等々。痛みはほとんどが持続性で、灼熱感やしびれを伴います。太ももの後ろ・やや外側、膝の裏、腓骨小頭下部、内くるぶしの後ろ側、外くるぶしの後ろ側、などに痛みが発生します。
通常は片側に起こることが多いですが糖尿病、下肢動脈硬化などでは両方の足に症状がでます。
脊柱管狭窄症による坐骨神経痛は私も経験しましたが歩いていると段々と太ももやふくらはぎが締め付けるように痛くなってきます。
痛くて歩けなくなりますが前かがみになると少しづつ痛みが引いていきます。数メートル~数十メートル歩くといったん休んで、痛みが引いてくるとまた歩き出すといった感じです。
 

坐骨神経痛の治療

大腰筋、中殿筋、小殿筋、大腿は痛む箇所に刺鍼します。梨状筋が原因であれば梨状筋に刺鍼します。痛みが下肢にまで到達していれば下肢まで刺鍼します。温灸を使用したり、オイルを使って大体の後面、外側、臀部などをマッサージするのも効果的です。

どうぞお気軽にお問い合わせください TEL 03-6316-7692 受付時間10:00-20:00

PAGETOP