新年あけましておめでとうございます。
今年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。1月は3日の木曜日から診療いたします。
今年も皆様の健康に少しでもお役に立てれば幸いです。

お正月の過ごし方も各々違うと思いますが、お仕事・学校はお休みで身体を
動かすことも少なくなります。そのうえ食事の量も増え家でゴロゴロしがちです。
その結果内臓が疲れてきて肩こり、背中の痛み、腰痛などが起こることがあります。
内臓が疲れるとそのコリは首や背中に現れることが多くあります。これを内臓体壁反射といいます。
その逆に背中のコリを緩めることで内臓の働きを活発にすることができます。
鍼灸治療はその個所に鍼刺激を加えたり、お灸で熱刺激を加えたりして内臓の働きを調整します。手技の指圧もその個所を指で刺激します。これを体壁内臓反射といいます。