70代男性。数日前から肩こりが激しい。胃がむかむかして食欲が減った。下痢・便秘をしているわけでもなく便通は良い。お医者さんに診てもらったが特に問題なし。胃薬を処方され服用中。肩こりは近年にないくらい激しい。
肩こりは胃の不調から来るものかもしれませんよと伝えると、ご本人もそんな感じがするとの事。
コリの激しいところは僧帽筋の頚の付け根。ずいぶんコリコリしています。後は胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲挙筋などなど。
また、ここを押すと気持ちよいと言う場所を確認すると腰方形筋。触るとガチガチに硬い。腰方形筋を丹念に押してゆくと上から下まで硬い。特に12肋骨の付着部、腸骨稜の付着部辺りは、そこを押すと胃がスーッとするとの事。どちらも腰方形筋のトリガーポイントです。腰方形筋の支配神経は腰神経叢(第12胸神経~第4腰神経)。第12胸神経の出ているところの近くには胃兪という胃に関係するツボがあります。
肝臓賦活をおこない、最後に頚の調整。終わりころは軽いいびきでをかいてお休みでした。終わると胃がすっとして肩が軽くなったとの事。後日伺ったところ施術の翌日旅行のため飛行機に乗ったが機内食も美味しく食べたし、旅行中も美味しく食事されその後肩こりも無くなり、むかむかしていた胃の調子も良くなったとの事でした。内臓の不調が肩こりを生じさせる症例でした。